忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




2017/03/29 08:23 |
競馬予想 無料 オーシャンステークス 歴史
競馬予想 無料 オーシャンステークス 歴史


  • 1996年 - 中山競馬場の4歳(現3歳)以上の混合の別定の芝1800mのオープン特別競走、オーシャンステークスとして施行。
  • 1997年
    • 出走条件を5歳(現4歳)以上に変更。
    • 負担重量をハンデキャップに変更。
    • 距離を芝外回り1200mに変更。
    • 指定交流競走に指定。
  • 1999年 - 1600万下条件に格下げ。
  • 2000年
    • オープン特別に格上げ。
    • 負担重量を別定に戻す。
  • 2001年 - 馬齢表示の国際基準への変更に伴い、出走条件が「5歳以上」から「4歳以上」に変更。
  • 2003年 - 地方大井所属のネイティヴハートが地方所属馬として初制覇。
  • 2005年
    • シルキーラグーンが史上初の連覇。
    • 池上昌弘が調教師として史上初の連覇。
  • 2006年
    • 中山競馬場の4歳以上の国際競走・指定交流競走の別定の芝外回り1200mの重賞(GIII)競走、オーシャンステークスとして新設(創設当初の地方馬の出走枠は3頭、外国調教馬の出走枠は4頭まで)。
    • 地方船橋所属のネイティヴハートが当競走で史上2頭目となる2度目の優勝にして、かつ地方所属馬として重賞格上げ後初制覇。
  • 2007年 - 国際セリ名簿基準委員会(ICSC)の勧告により、重賞格付け表記をJpnIIIに変更。
  • 2009年
    • 外国調教馬の出走枠が8頭に拡大。
    • 重賞格付け表記をGIIIに戻す
PR



2009/11/10 17:16 | Comments(0) | TrackBack(0) | 競馬予想 無料 オーシャンステークス

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<競馬予想 無料 オーシャンステークス 歴代優勝馬 | HOME | 競馬予想 無料 オーシャンステークス 出走資格と賞金>>
忍者ブログ[PR]